はじめてリフォームする方必見!リフォーム指南書

この画面は、簡易表示です

はじめてリフォームする方へ

リフォームを思い立ったら、会社探しを始める前に、まずは全体の流れを把握しましょう。今のお住まいをリフォームする場合も中古住宅を新たに購入してリフォームする場合も、リフォーム会社および不動産仲介会社といったパートナー選びは大切ですが、その前に自分の実現したい住まいのイメージ作りや要望を具体的に整理しておきましょう。
イメージ作りには雑誌やWEBサイトでいろんな事例が掲載されているので、自分や家族のイメージに合うものをスクラップまたはブックマークしておき、パートナーに写真でしっかり見せるのがよいです。しかしリフォームしようと情報をいざ集め始めてみると、建築用語や法律用語など、知らない言葉がたくさんあって戸惑うもの。そんな時はパートナーと話をする前に業界の言葉を理解しておくと便利です。リフォーム会社と話を進めたけれど、用語の意味を勘違いしていたために、要望とは違うプランがあがってきてしまった…などという事態は避けたいものです。わからないことはここで予備知識として調べておき、夢の実現を確実に進めましょう。

リフォームを行う際に最も重要なことは、ご自分が何を求めるのか明確にかつシンプルにする、という点です。何を捨て、そして何を求めるのかがはっきりしていれば、リフォームに対する要望は自然とすっきりしたものになります。逆に要望が明確でないと、ここをこうしたい、あそこも変えたい、といった具合に欲張りすぎて予算オーバーとなったり、さらにはリフォームにより家のバランスが崩れてしまい、家のグレードを下げてしまうケースすらありえます。
ご予算の問題もありますが、まずはご自分が今のご自宅で何が不満なのか一度書き出してみましょう。そしてそのうえでリフォームをすることで具体的に何をどうしたいのか、たとえばあと3坪程度部屋を広くしたい、子供部屋を作りたい、家の中の段差をなくしたい、床をフローリングにし壁紙も張替え明るくきれいにしたい、システムキッチンに変えることで便利にしたいなども書き出してみることをお勧めします。

リフォームがどのような流れ・スケジュールで進んでいくのかを知っておくことが大切です。そのうえで、どの場所をどんな目的でリフォームするのか、どのくらいの予算で、いつまでに工事を終わらせたいかの目安をつけましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


top